赤ん坊の運動会

前週の土曜日、子供の運動会がありました。

子供もといってもまったく3年齢の夫のお子さんで、ちっちゃな保育園の運動会だ。
自分にとっては子供の始めての運動会だ。その太陽入っていた取引もキャンセルし、楽しみに待ち望んでいました。

ただ、わがお子さんを見ているとリスクというか、些か疑問もありました。
あんな可愛い子供達だけで、しっかりとした運動会の競技が成り立つのだろうか?

その回答はその後、送られてきたプログラムを見て驚いたと共に納得しました。

『家族かけっこ』に『家族ハードルバトル』に『親抗戦綱引き』に『親抗戦リレー』

競技の大半は親加入でした。
やっぱり『親抗戦綱引き』とか『親抗戦リレー』とか、子供すら参加しないみたいです。

元来、その太陽の為に真新しいジャージといったジョギングシューズを購入して、自分が運動会に全体参加しました。

元々、身体を切り回すのは取り得だったのところが、親の中には自分によって若々しい、二ティーンズぐらいの方も多いんですよ。

でも、綱引きは負けたものの、リレーでは僕達の仲間が勝ち、家族で走ったかけっこも子供のアームを引っ張りつつ一等賞でした。

ちなみに、ハードルバトルは物悲しいゾーンが苦手な子供が、トンネルを抜けるのに遅れを取り、ビリから次でした。

子供のと言うより、家族の運動会はセーフティおわり、明日、トータル筋肉痛だったのはいうもありません。

自分が一助机で子供を見入るだけの運動会は何時になるのでしょう。
他の保育園の運動会もそういった捉えなのでしょうか?クリアネオは楽天よりも得するサイトがたくさんあります。