娘の運動会

前週の土曜日、こどもの運動会がありました。

こどももといってもいまだに3年代のパパの人で、ちっちゃな保育園の運動会だ。
自分にとってはこどもの始めての運動会だ。その太陽入っていた出勤も中止し、楽しみに待ち望んでいました。

ただ、わが人を見ていると恐れというか、ちょっぴり問もありました。
こんなちっちゃい子供達だけで、しっかりとした運動会の競技が成り立つのだろうか?

その受け答えはその後、送られてきたパッケージを見て驚いたと共に納得しました。

『家族かけっこ』に『家族垣根競争』に『両親反発綱引き』に『両親反発リレー』

競技の大半は両親潜入でした。
むしろ『両親反発綱引き』とか『両親反発リレー』とか、こどもすら参加しないみたいです。

通常、その太陽の為に新しいジャージってジョギングシューズを購入して、自分が運動会にフル参加しました。

前もって、健康を取り回すのは特技だったのだが、両親の中には自分から若い、二ティーンズぐらいの方も多いんですよ。

でも、綱引きは負けたものの、リレーでは僕達のグループが勝ち、家族で走ったかけっこもこどもの作戦を引っ張りつつ一等賞でした。

ちなみに、垣根競争は物悲しい位置が苦手なこどもが、トンネルを通り抜けるのに遅れを取り、ビリから次でした。

こどものと言うより、家族の運動会は無事故終わり、明日、全身筋肉痛だったのはいうもありません。

自分が支援テーブルでこどもを見入るだけの運動会は何時になるのでしょう。
以外の保育園の運動会もそういった捉えなのでしょうか?ゴルフで100を簡単に切る方法