夜中に起こった素行

昨夜、眠っていたら、突然逆流性食道炎になって、胃酸が喉に登ってきて、喉が甚だしく痛くて、急いで起きて水を飲んだのところが、喉の痛さと食道の痛さがどうしても治らなくて困りました。
普段、いまいち逆流性食道炎になることはないので、何故夜更け眠っている間に起こったのか、全くわかりませんが、もしかしたら、先日感冒傾向で感冒薬を連続で呑みすぎたからかもしれないと思いました。夕刻なので眠たくて仕方がないのだが、食道の痛苦といった喉の痛苦もすごくて、おまけに咳が出て、胃酸がグングン上がってくるような感じがして、さんざっぱら困りました。
胃酸と言っても、我々は胃潰瘍が原因で胃の4分け前の3を切除やるので、胃酸はたまらないような気がするのですし、胆のうも切除やるので胆汁が上がって現れることもないので、一体何が上がってきたのかがまるっきりわかりません。さっそく夜中にひどく苦しかったのだ。
早朝起きてから、所見を差し出したら、喉を傷めたようで所見が変になってしまっていました。お仏壇にお線香をあげてお礼をしたのだが、独自の所見が変になっていることに気づいてびっくりしました。
とにかく胃酸が喉を傷めてしまったような気がして、喉が焼けるように痛かったので、どうしてもなかなか痛手を受けることになったのですな、と思いました。
更に特別なことはしていないので、なぜそうなったのかがわからないので、ガードのしようがありません。今夜は起こらなければいいなと思います。ソーシャルレンディングを比較する