乳幼児の運動会

前週の土曜日、お子さんの運動会がありました。

お子さんもといっても依然3年の父親の輩で、ちっちゃな保育園の運動会だ。
わたしにとってはお子さんの始めての運動会だ。そのお天道様入っていた勤めも帳消しし、楽しみに待ち望んでいました。

ただ、わが輩を見ているとご苦労というか、ほんのりヒアリングもありました。
そんな少ない子供達だけで、しっかりとした運動会の競技が成り立つのだろうか?

その返信は持ち越し、送られてきた企画を見て驚いたと共に納得しました。

『家族かけっこ』に『家族バリヤコンペ』に『父母敵対綱引き』に『父母敵対リレー』

競技の大半は父母参戦でした。
やっぱり『父母敵対綱引き』とか『父母敵対リレー』とか、お子さんすら参加しないみたいです。

通常、そのお天道様の為に目新しいジャージといったジョギングシューズを購入して、わたしが運動会に全参加しました。

根っから、ボディを移すのは長所だったのところが、父母の中にはわたしによってういういしい、二若者ぐらいの方も多いんですよ。

でも、綱引きは負けたものの、リレーでは僕達のグループが勝ち、家族で走ったかけっこもお子さんの手立てを引っ張りつつ一等賞でした。

ちなみに、バリヤコンペは物悲しい場が苦手なお子さんが、トンネルを通り抜けるのに遅れを取り、ビリから次でした。

お子さんのと言うより、家族の運動会は安穏終わり、あす、カラダ筋肉痛だったのはいうもありません。

わたしが救援長椅子でお子さんを見守るだけの運動会は何時になるのでしょう。
以外の保育園の運動会もそういったもらいなのでしょうか?ミューノアージュを格安に手に入れる方法