サポーター陣ってカラオケ会社に遊びに行った

「明日、カラオケに行くんだけど..どうして?」

といった、事務所の友達から案内があったので行くことにしたのだ。事務所の友達で仕事帰りにお酒を飲んだりすることは何回かあったのところが、その時は事務所程度のちっちゃな居酒屋を選んだり、ちょっとした屋台でひとときをつぶすような直感でした。

再びカラオケの道具があるお店に行くのは新鮮な感じがしたのだ。本当にお店のアポイントも取っていたので、仕事帰りにひととき通りにお店に入店したのだ。

これまでにライフスタイルであったカラオケハウスと言われるお店のつくりですが、ラウンジも大きくてお酒が飲める喫茶店のようなお店でした。カラオケは各個室に設置しているので、ラウンジでお酒を飲み込むのであればカラオケはできない状態になります。

計画を見ると、カラオケ部屋で配送できる計画は、ちょっとしたおつまみ階級になっており、ラウンジで食べることができる美味しそうな計画は配送できないようなのだ。

そんなことから、ちょっぴりカラオケを楽しんだ後は

「もっといいんじゃない?ラウンジに移動したほうが」と言ってみると、粛々と皆様了承してラウンジに移動したのだ。

結局、カラオケを楽しみたいのではなく、ふとした先移り変わりのつもりだった結果、美味しい献立に釣られた感じです。そのラウンジではチゲ鍋が召し上がることが可能だったので、とにかく心苦しい群れを皆様で楽しんだのだ。

嬉しい献立を食べながらリラックスするお忙しいという、とりあえずはお酒が楽しめない直感なのだ。オーディション情報