クラブらってカラオケ仕事場にレクレーションに行った

「あす、カラオケに行くんだけど..どうして?」

という、団体の友人から案内があったので行くことにしたのだ。団体の友人で仕事帰りにお酒を飲んだりすることは何回かあったのだが、その時は団体周辺のちっちゃな居酒屋を選んだり、単なる屋台で期間をつぶすようなムードでした。

改めてカラオケの機材があるお店に行くのは新鮮な感じがしたのだ。本当にお店のアポイントも取っていたので、仕事帰りに期間通りにお店に入店したのだ。

これまでに習慣であったカラオケハウスと言われるお店のつくりですが、待合室も大きくてお酒が飲める喫茶店のようなお店でした。カラオケは各個室に設置しているので、待合室でお酒を呑むのであればカラオケはできない状態になります。

食事を見ると、カラオケ部屋で発注とれる食事は、単なるおつまみスケールになっており、待合室で食べることができる美味しそうな食事は発注できないようなのだ。

そんなことから、ちょっぴりカラオケを楽しんだ後は

「これからいいんじゃない?待合室に移動したほうが」と言ってみると、粛々と全部了承して待合室に移動したのだ。

普通、カラオケを楽しみたいのではなく、単なるフロア切り替えのつもりだった結果、嬉しいごちそうに釣られた感じです。その待合室ではチゲ鍋が取ることが可だったので、最も鬱陶しい人を全部で楽しんだのだ。

喜ばしいごちそうを食べながらリラックスするお忙しいという、とりあえずはお酒が楽しめないムードなのだ。ソーシャルレンディングのランキングと比較